MUFASのT+CDが届いた。

MUFASのサイトで販売していた、TシャツとCDのセットが届いた。

CDは1曲のみなのだが、これがまた凄く良いのである。

試聴した時から分かっていたことなんだけれども。

プリの最後のアルバムの延長線上にある感じで(まぁ当たり前といえば当たり前なんだけれども。)踊れるし、うきうきする感じの曲に仕上がっている。

Tシャツのデザインも好きな感じだし(黒地ってのが残念)。

ほんまに良いんだな。これが。

代官山でやるライブにも行きたい感じ。

危険なソフトウェア開発業者の法則1

「いやー、めいっぱい残業して頑張らせて貰ってますよ。えぇ、えぇ、納期には必ず間に合わせますから心配しないでください。」

と、いう奴がいたら、その会社には気をつけろっ!

残業の量に比例して品質はがた落ちのはずだっ。

納期日に納品されても、その後から不具合で、まともにシステムが使えないに決まっている。

間違いないっ。(長井秀和風)

負け組の定理

負け組は勝ち組がした努力は絶対しないが、勝ち組をずるいと思う努力はめいっぱいする。

(どうも一般に勝ち組が裏でしている壮絶な努力を過小評価しすぎで、勝ち組が享受した利益を過大評価しすぎです。)

最近守りに入っているなぁと感じる

最近自分は守りに入っているなぁと強く感じる。

ガラにもなく・・・。

きっと原因は、未来に対しての予測を過小評価しすぎている為なのだと思う。

ある程度過小評価する事は、安全側であり大切な事なのだけれど、それが過ぎると本来獲得すべきだった利益さえも逃してしまうだろう。

とりあえず、もっと自分自身が持っているポテンシャルを適正評価しなくてはいけないと感じる。

しかし、適正評価自体は表面上は出来るのだが、それを自分に信じ込ませる事が出来ない。

難しい事である。

そろそろ臆病な自分には裏に回ってもらって、攻撃的な自分を出しても良いかもしれない。

安物の机から買い換えようかと・・・

棚とセットで1万2千円という格安の机を使っているのだが、打鍵するたびに液晶ディスプレイが揺れるくらいヤワなので、買い換えようかと画策中。

実はまだ買って1年経っていない気もするのだけれど・・・。

これをいわゆる一つの

「安物買いの銭失い」

と言うのだろうか。

ちなみに、椅子のほうは奮発して買ったのでこれから何年も使っていく予定。

ということで、あまりやわじゃない、安い机を買ってこよう。(←結局安物買い

自分より出来る人に囲まれて仕事がしたい

自分より出来る人に囲まれて仕事がしたい。

ここ4、5年一度もかなっていないが・・・。

世の中を見渡せば自分のレベルがそれ程高くないことがわかる。

もっとのびる要素があると言うこともわかる。

だから、自分よりも仕事の出来る人に囲まれていたい。

影響を受ける事が出来るしね。

せめて、自分と同等の人と切磋琢磨しながら仕事がしたいなぁ。

自分と同等の人は一年半前にはいたんだけどね。

意見を交わす事ができて凄く有益だった気がする。

それまでは、知識欲というモノに対して鈍重だった気がするが、それではいけないと思い直したのもこの時期だ。

人が人に与える有形無形の影響ははかりしれないものがあると思う。

副業でも良いし、プライベートでも良いから同じ業界の自分より仕事の出来る人に囲まれていたいなぁ。

考えすぎるということ

大事なことは表面上、即決即断なわりに、その裏では結構考えていたりする。

考えて考えて考えすぎてシミュレートした結果は、大抵いつも悪い方に転がる。そして不安感が増す。不安感が増すとそれがストレスとなり、思考と行動にキレが無くなり、結果的にシミュレートした結果の方向に向かっていくのかもしれない。そんな事も考えてしまう。

考えすぎるくらい考えてしまうのは、自分の昔からの悪い癖で充分承知しているのだが、そんなに簡単に直せるものではない事も分かっていて、なんとかならんもんかなと唸ってしまう。

とりあえず、気楽に行きたい。なんて思いながらもきっと何かを考えてしまうのだろう。

これも頭の悪さの為せる技かと思うとうんざりする時もあるのである。