名前探しの放課後/辻村深月 読了

文庫本が発売されていたので、上下巻購入する。

届いたところで、断裁してスキャナでPDF化して、iPhone 4で読む。

こんな時、iPhone 4がガラケーに3年くらい遅れる事で獲得した高解像度がありがたい。

あいかわらず辻村深月の小説は最後の50ページのために、それまでの数百ページを淡々と物語るデザインになっている。

そして、その最後の50ページは、その前の数百ページを読むためのご褒美として充分すぎるものとなっている。

ネタバレしないレベルであらすじを記述すると

「主人公いつかは、3ヶ月後の世界からタイムスリップしてきた。

 3ヶ月後の世界では同級生が自殺していた。

 しかし自殺したという事実と時間だけは覚えているのだが、名前もシチュエーションもわからない。

 それを止めたい一心でタイムトリップおたくのクラスメイト、あすなに声をかける。

 果たして、自殺するのは誰なのか。彼らはそれを阻止することができるのか。」

といった感じになる。

この作品の感想としてなにを語ってもネタバレになりそうだが、他のウェブに上げられている書評にあった

「辻村深月の他の作品を読まないと作品として楽しめないのではないか。」

というものに対して異論がある。正確には

「辻村深月の他の作品を読んでいる時と読んでいない時で結末の捉え方が変わるが、同じだけ楽しめるようになっている。」

作品になっていると感じた。

むしろ、未読のほうが2度楽しめそうな気がする。

しかしながら、世界観としては、他の辻村深月作品とつながっているので、そちらも合わせて読んでみると良いかもしれない。

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)

名前探しの放課後(下) (講談社文庫)

FacebookTwitterHatenaTumblr共有

定期購読している雑誌

システム開発をしていながら、開発系の雑誌は一切読んでいない。

あえていうなら、Software Peopleだけど、不定期刊なので、除外。

では、何を読んでいるのかといえば、広告批評。

もう5年は読んでいる。

結構、そっち側の視点って勉強になるんだよね。

昔は、さらに宣伝会議も読んでいました。

あとは、たまに広告を買ったりもしていました。

白夜行/東野圭吾 読了

三連休最後の休日は、読書でほとんどの時間が費やされました。

といっても、病院に行ったり、プリンタが届いたり、買い物にいったりと盛りだくさんでしたが。

ちなみに、読書といっても技術関連書籍ではなく、小説。

「白夜行」というタイトルで「東野圭吾」さんが書かれている小説です。

来春ドラマ化されるようです。

何しろ、800ページを超えるボリュームだったので、目と肩がへろへろです。

このスピードで技術関連書籍も読めたら良いのになぁと遠い目をしてしまいそうです。

読んだ後に感じたイメージはノワール+ミステリ+サスペンス/3といったところでしょうか。

暗く、哀しく恐ろしい。

そんな感想を持ちました。

これ以上は、何を書いてもネタばれになりそうです。

そんなこんなで気づけばこんな時間です。

そろそろもう少しエントリのペースを上げたいなと思いつつ、今後の予定を考えると難しいなと感じる今日この頃です。

白夜行 (集英社文庫)

白夜行 (集英社文庫)

ナ・バ・テア/森博嗣 読了

スカイ・クロラより時間軸的には前の話。

草薙が主役。

ミステリではない森も、なかなかどうして面白い。

スカイ・クロラより透明度が落ちた。

ナ・バ・テア

ナ・バ・テア

τになるまで待って/森博嗣

もうすぐ出る森博嗣のGシリーズ新刊。

楽しみ。

つか、明日だからもうでているのかな。

あとは西尾維新の戯言シリーズ最終話がいつ出ることやら。

τになるまで待って (講談社ノベルス)

τになるまで待って (講談社ノベルス)

今更だけど、橋本治の文章が好きだ。

今更なんだけど、橋本治が紡ぐ文章が好きだ。

論評を読んでも、小説を読んでも、素直に好きだと思える。

初めて触れたのは、随分前に広告批評という雑誌の巻頭コラムにおいてである。

それ以来、広告批評を購入する時の楽しみの一つとなっているのだが、その他のエッセイや小説もおもしろい。

一度読んでみるといいかもしれない。

上二つはエッセイで、一番下は短編集。

「わからない」という方法
人はなぜ「美しい」がわかるのか
生きる歓び

森博嗣

「どきどきフェノメノン」は読了して、「θは遊んでくれたよ」を読んでいる最中。

両方とも、森博嗣の作品。

どきどきフェノメノン

Θ(シータ)は遊んでくれたよ (講談社ノベルス)