私が子供の頃に親に教えてもらいたかった、たった一つのこと

私が子供の頃に親に教えてもらいたかった、たった一つのこと。

それは、

「人に何かを言われたところで自分自身が変化するわけではない。変わる要因は常に自分自身だ。」

ということ。

誰かに「馬鹿」と言われたからといって、馬鹿になるわけではない。

誰かに「ひきょう者」と言われたからといて、ひきょう者になるわけではない。

「りんご」に「みかん」と言ったところで、やっぱり「りんご」のままなように。

自分を変化させる要因は常に自分自身以外にありえない。

ただ、誰かに何かを言われたことに影響されて、自分自身がそうなろうと無意識に変化してしまうことはあるかもしれない。

でも、それは「馬鹿」と言われて「ああ、僕は馬鹿なんだ。」と真に受けてしまうことから始まるのではないかと思う。

無意識に周りの要求に答えてキャラづくりをしてしまうといったような事である。

だから、子供のころに

「人に何かを言われたところで自分自身が変化するわけではない。変わる要因は常に自分自身だ。」

ということを教えて欲しかった。

そうしたらもう少し自由になれたかもしれない。

UriTemplateについて

Web 開発者は、サービスの応答先となる URI の形状とレイアウトを記述できる必要があります。Windows Communication Foundation (WCF) では、開発者が URI を制御するための 2 つの新しいクラスが追加されています。UriTemplate と UriTemplateTable は、WCF における URI ベースのディスパッチ エンジンの基盤となります。これらのクラスは単独で使用することもできるため、開発者は WCF サービスを実装せずにテンプレートと URI マッピング機構を利用できます。

UriTemplate と UriTemplateTable

利用するのでメモ。

パスを省略したい場合は{name=デフォルト値}で良い事が分かった。

カテゴリー: .NET

奇跡的に常時点灯ドットが回復した

常時点灯しているドットを発見。がっかり・・・。

iPhone 3GSをゲットしてみたものの・・・ – NAL-6295の舌先三寸

今日の夕方にジーニアスバーの予約をしていたんだけど、使っているうちに常時点灯ドットと周りのドットの差が薄くなってきて、殆ど回復したと言っても良い状態になった。

良かった。のか?

とりあえず、ジーニアスバーはキャンセル。

メモ:REST および WCF サービスの概要

今回は、REST (Representational State Transfer) と呼ばれるアーキテクチャ スタイルを使用した WCF (Windows Communication Foundation) の構築について説明するコラム シリーズの第 1 回です。2009 年はこの「サービス ステーション」コラムで説明する REST の年と言えるようになるかもしれません。その機は十分に熟しています。REST は、2000 年の発売以来、長年高い評価を受けているスタイルです。

この第 1 回のコラムでは、REST の基本概念および WCF を使用した RESTful サービスの実装について説明します。次回以降のコラムでは、REST の基本概念およびその基本テクノロジについてさらに詳細に説明します。

REST および WCF サービスの概要

使うのでメモ。

カテゴリー: .NET

確かに鳴ります

iPhone 3GSの問題、というほどでもない現象は、メッセージ通知やロック音など本体スピーカーを鳴らしたあとしばらく「ピーー」っとかなり高い音が発生すること。持続時間は本来意図された効果音が終わってから約3秒くらい。音量そのものは小さいものの、甲高い耳鳴りのようで耳につくという報告もあります。

iPhone 3GSのスピーカーから「大人には聞こえない音」

私のiPhoneも。