100あるうち99をゆずる

100あるうち自分にとって大事な1を決めたら、その他の99はゆずる。

そうすると、うまく行くことがたくさんあるかも?

大事な1をゆずって、どうでもいい99をゆずらなくて「うまく行かない」と言っている人を見ることがある。

違うな。

たぶん、どうでもいい99を譲らなかったから、大事な1を譲らない力を失っているんだな。

FacebookTwitterHatenaTumblr共有

BenQのFullHD 21.5インチ16800円の液晶ディスプレイが届いた

f:id:NAL-6295:20090330143341j:image

リビング用に買ったBenQのFullHD 21.5インチ16800円の液晶ディスプレイが届いた。

早速Type Pで接続してみる。

ちゃんと、FullHDを余すことなく表示してくれています。

本当は、本体側の液晶も同時に使えるのですが首が疲れるので液晶ディスプレイ側のみ使っています。

これで、16800円とは、ずいぶん安くなったものです。

自分らしさ

誰になんと言われようと、なんと批判されようと自分らしさは誰のものでもなく自分のものだから。

誰かに奪い取られるものではないから。

安心して、自分らしさを大事にして欲しい。

いまさらながら設定ファイルに型付データセットを利用すると超簡単になること

・設定ファイルのデザインが楽

データセットのデザイナを利用してデザインできるので超簡単。

・インテリセンスに項目が出てくるから楽

型付されているので、バグを埋め込む事もないし、インテリセンスにも出てくるし超簡単。

・ファイルの読み書きが楽

型付データセットのReadXML,WriteXMLメソッドを利用するだけなので超簡単。

いちいちXMLを解釈する必要も無い。

・設定ファイルが無い場合の実装も楽

プログラムの中で型付データセットのインスタンスを生成して各メンバに値を設定してあげるだけなので超簡単。

いちいち、設定ファイルが無いときの実装を一から考えなくても良い。

・設定ファイルを作成するツールを実装するのも楽

独自の設定ファイルだといちいち、そのための読み書きを自分でサポートしてあげる必要があるけど、型付データセットなら「ファイルの読み書きが楽」に書いたようにメソッドが用意されているので、超簡単。

読んだらDataGridにでもバインドさせて、その後書いてあげればいい。

まぁ、ずいぶん前にも似たようなエントリを書いているし今更だけど。

カテゴリー: .NET

罰則規定無しかよ。ダウンロード違法化。

10日閣議決定された著作権法の改正案では、これを明文化。ただし、違法となる条件として、「配信コンテンツが違法であることを知ってダウンロードした場合に限る」としたほか、「個人レベルでの行為は軽微なため、罰則は設けなかった」(文化庁)。

無断配信コンテンツのダウンロードは違法に – 著作権法改正案を閣議決定 | ネット | マイコミジャーナル

罰則規定無しだと、全然意味ないよね。

路上喫煙禁止な条例が守られていない状況と変わらない。

違法である以上、罰則は必要でしょう。

とりあえず、これで、違法となる前にやめてくれるとうれしいんだけど。

かわいそうだからといって通ってはいけないはなし

関係者によると、母サラさん(38)が1992年、父アランさん(36)が93年に、それぞれ他人名義のパスポートで入国。のり子さんは95年7月に日本で生まれた。

期限迫るフィリピン少女「日本から追い出すのは残酷」(社会) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

もし、この問題でかわいそうだからといって判断が翻って強制退去されないのだとしたら、違法入国しても、その後、子供を作れば合法になるという前例を作ってしまうことになる。

子供は親を選べないので、そういう意味ではかわいそうではあるが、ちゃんと法に則って処理してほしい。

iKnow!あらためsmart.fmになってからレスポンスに問題がありすぎる

この前から、iKnow!がsmart.fmという名前でリニューアルしたのだが、レスポンスが遅すぎて、実際にiKnow!を開始するまでに、今までにないストレスを感じさせるようになった。

iKnow!というアプリケーション自体はとてもよくできているのに、レスポンスのせいでモチベーションが下がってしまうようでは少しもったいない気がする。

たぶん、リニューアルしたばかりでバタバタしているだけだと思うが、もしこのままの状態で一ヶ月二ヶ月たつようなら、これはリニューアル失敗と言われる時も近いのではないだろうか。

すばらしいサービスなので、改善に期待しています。

三菱地所も大手で初めて保温性の高い外断熱マンションを本格投入

 不動産各社が環境配慮を売り物にしたマンションの販売に力を入れ始めた。東急不動産は首都圏のマンションの二酸化炭素(CO2)排出量を20%以上削減、三菱地所も大手で初めて保温性の高い外断熱マンションを本格投入する。三井不動産は各戸のCO2排出量の表示装置を導入した。価格は通常より1割ほど高くなる例もあるが、マンション販売の不振が続くなかで、環境意識の高い消費者の開拓を目指す。

NIKKEI NET(日経ネット):企業ニュース?企業の事業戦略、合併や提携から決算や人事まで速報

これはいいニュースですね。

私は、康和地所の外断熱マンションに住んでいますが、とても快適でランニングコストも安くすんでいます。

でも、そんなことなら、三菱地所に康和地所を救済してほしかったですね。

外断熱デベロッパーとしてのノウハウもあったわけだし、その方が経営効率がよかったのではないでしょうか。