ルールを守るという事

利害関係が発生するような場合、基本的にルールを守った方がトータルでは得をする。

例えば、仕事でルールを守らなかった場合、その人が守らなかったがために、プロジェクトの進捗が遅れたり、仕様書のメンテナンスがされていなくて、保守が困ったりした場合、その人の信頼は失墜する。

最初は、まぁ大目に見てもらえるかもしれない。

だが、回数を重ねる毎に信頼は失われていく。

そうなると、もうその人はまともに使ってもらえない。

周囲には、

「こいつと仕事をすると、トラブる。」

とか、

「こいつは使えない。」

と思われているからだ。

周囲はただその人を除外するだけで良いので、損は限定的だが、

その人は自分を除外するわけにはいかないので、信頼を回復するまで損は続く。

こうやって、結局、決められたワークフローやルールを遵守しないと損をするように出来ている。

FacebookTwitterHatenaTumblr共有